【久保田・越州・洗心・得月・朝日山】新潟県・朝日酒造

正道を歩み続ける… 朝日酒造 
新潟県長岡市朝日880-1                       
蔵元HP

 1830(天保元)年に屋号「久保田屋」で創業以来、新潟の水と米と人により、品質本位の酒造りに邁進してきた蔵元です。特に「酒造りは米作り」との考えから、農業生産法人「(有)あさひ農研」とともに良質米の栽培と研究を続け、成果を上げてきました。いつの世も、あくまでも「品質第一」を念頭に努力を重ね、200年近い朝日酒造の歴史の中で培われた酒質「淡麗辛口」の路線を現在も受け継ぎ、酒造業の正道を歩み続けています。
 蔵は長岡市の旧越路町にあります。この地は源氏ボタルが空中乱舞する「ほたるの里」としても有名で、緑ゆたかな自然に恵まれた豪雪の地でもあります。太古の昔からの地層を何年もかかって通りぬけてきた伏流水が、蔵のすぐ近くにある「朝日神社」から湧き出ています。宝水と呼ばれるその水を仕込み水に用い、新潟県産の酒米を惜しみなく磨き、伝統の技術と最新設備で醸されるオール新潟のその美酒には愛飲者も多く、言わずと知れた人気の酒蔵です。
 変わるべき事と変わってはいけない事、双方を大切にしながら、常に日本酒ファンへ新たな提案をし、ある時は他の酒蔵の手本、目標となり、日本酒業界に貢献し続けています。半端でない酒へのこだわりからは、一切の妥協を許さない更なる上の酒造りを目指す蔵元の気概がヒシヒシと伝わってきます。今後どんな時代が来ようとも「淡麗辛口」の正道からぶれることなく、その道を貫き通す蔵元と信じて止みません。

 

 

おいしい・たのしい…が大好きな方に・・・【越州】

【千秋楽物語】

 「スッキリでキレイ」と「優しい膨らみ」。これは本来なら相反する味わいですが、両方を合わせ持っているのが「越州」の大きな特徴。その味わいを醸し出すのに無くては語れないモノがあります。それは原料米である「千秋楽」という名のお米です。
 「千秋楽」は1960年に新潟県奨励品種にもなった主食であるご飯用のお米です。刈り取りが最も遅いことから、相撲の「千秋楽」にちなんで命名されたそうです。「千秋楽」は当時、関西方面にも多く出荷され、作付面積も第2位と人気のお米でしたが、コシヒカリ人気が高まるにつれ、推奨品種からも外れ、1970年頃から姿を消していきました。
 時は流れ、平成。朝日酒造が「千秋楽」の持つ酒米としての可能性に着眼します。この世に存在する「千秋楽」は種子保管庫に眠る僅かな種籾のみでした。そして1996(平成8)年、譲り受けた一握り(たった40g)の種揉から、千秋楽復活を賭けた米作りが始まります。
 千秋楽に関するデータもなければ栽培を知る経験者もいない。晩生品種という特性を持ったこの米の栽培にあたり、何を、いつ、どのように作業したらよいのか?重要な水の確保は?全てが手探りであり、試行錯誤の連続でした。しかも極僅かしか残っていない「千秋楽」、失敗は許されません。その年の晩秋、やっとの想いで「千秋楽」の収穫に成功。 米作りに携わった方々のご苦労は、並々ではなかったと察しられます。初年度の収穫量は65kg。早速、収穫された「千秋楽」の一部を分析検査すると、朝日酒造の狙い通り、酒造りに非常に適していることが判明。晩生品種のため低タンパク質であることは予想できたそうですが、精米耐性、溶解性、デンプン組成など、想像以上に酒造りに適正な品種でした。特に、酒の味わいに幅や膨らみをもたらすアミロース(米デンプンの1種)が従来の酒造好適米と同等、もしくはそれ以上含存していました。淡麗な酒質に欠かせない低タンパク質でありながら、膨らみをもたらす事ができる職人のような米だったのです。
 飯米としては絶滅寸前だった「千秋楽」が、酒米として見事に復活を遂げました。その後、何年もかけ、やっと酒を仕込める量の「千秋楽」が収穫できるようになり、今日では定番酒から季節限定酒に至るまで全ての「越州」に使われています。
 スッキリしていながら優しい味わいを兼ね備えている「越州」という酒は、もし「千秋楽」が復活していなければ、この世に存在しないお酒だったのかもしれません…。
 また、「越州レギュラー酒」の酒瓶に貼られている和紙ラベル、こちらもじっくりとご覧くださいませ。このラベル、職人さんによって一枚一枚手漉きで作られていますが、よく見ると和紙の中に稲わらが漉きこまれているのにお気付きいただけると思います。これは、「越州」の原料米「千秋楽」の稲わらです。もちろん手漉きですので、ふたつとして同じものはありません。「越州」は、ラベルにもこの酒に関わる多くの方の想いが込められているお酒です。
 こだわりの「越州」で、是非、楽しいお時間をお過しください。そして、越州を飲む時、「千秋楽物語」をそっと思い出していただけましたら、味わいも格別かと存じます。

 

 当店では、「対面販売」という蔵元の意向に賛同し、朝日酒造の限定流通酒「越州」「久保田」「洗心」「得月」に関しまして、HP上で「買物カゴ」を設けておりません。
ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。
詳しくはお気軽に当店までお問い合わせくださいませ。

 

酒処・新潟のロングセラー・・・朝日山 

 1830(天保元)年。今から約180年前、母なる大河・信濃川のほとりの地に「久保田屋」と名乗る蔵元がのれんを揚げた。当主は平澤興三郎。川水を引き込んだ水車場で米を摺り、品質第一を家訓に、朝日神社境内から湧く「宝水」と呼ばれる名水で醸したその酒は、すっきりと芳醇な酒質を宿していた。そのため村の人々の好みに適って、春は田植えの疲れをやすめる酒となり、秋は鎮守の祭り酒となった。冬はまた、長い雪ごもりの憂さを払う玉簾となり、「久保田の酒」と愛された。次第に販路は伸び、水運を利用して信濃川流域の各地にまで広まっていった。そして明治維新の嵐が吹き荒れる頃、久保田屋は二代目・興三郎の時代を迎えていた。文明開化の技術を取り入れ、うまい酒造りに専念。丹精込めて造るその酒は、明治後期から「朝日山」の名で売られるようになり、『朝日山はどこの世間に出しても立派に通用する酒だ』というのが彼の口癖だった。
 その二代目が急逝し、久保田屋は若き息子兄弟と母が切り盛りすることになる。弟・順次郎が上京し、大蔵省醸造試験場の講習生となり、研究を重ねる。帰郷後、最新の醸造技術によって、兄の3代目・興之助を支え、山廃による酒造りに挑み、水車式精米を自家発電の電力に切り替える等、懸命に品質の向上を図った。その結果、「朝日山」は幾度と品評会で名を連ねるようになり、1915(大正4)年の即位の大礼では、見事に大典礼酒に選ばれる栄誉に輝く。
 1920(大正9)年、久保田屋は3代目平澤興之助を初代社長とし、朝日酒造株式会社を設立。同社の【品質本位】という基本姿勢が一層強く打出され、その精神は変わることなく現在まで受け継がれているのである。

久保田 純米大吟醸

久保田 純米大吟醸

『久保田』の伝統はそのままに、モダンな日本酒を目指す

久保田 純米大吟醸

日本酒業界を牽引してきた『久保田』ブランドのなかでも一際人気なのがコレ!これまでの伝統的な技を用いながら、今の時代にあったモダンな日本酒を目指しています。甘味と酸味が見事に調和した上品な飲み口。さらに、『久保田』特有の軽やかさとキレの良さをあわせもちます。開栓と同時に広がる華やかな香り、口のなかで広がる香味、流れるような喉の滑り、心地よい余韻。まさに「新しい久保田」を体現した1本です(^O^)

久保田 純米大吟醸 1800ml
販売価格(税別) ¥3,300
数量
久保田 純米大吟醸 720ml
販売価格(税別) ¥1,520
数量

カテゴリー│ 【久保田・越州・洗心・得月・朝日山】新潟県・朝日酒造 , 全国の地酒 , 厳選地酒紹介 , 商品 , 純米大吟醸,

継 TSUGU 純米大吟醸

継

華のひとくち 虹のふたくち 霞のみくち

継 TSUGU 純米大吟醸 720ml

『久保田』『越州』でお馴染みの名門蔵「朝日酒造」が持つ匠の技術と経験を総動員して醸す、最高級の酒がコチラです。華やかでありながら奥深い味わい。消えてなお続く幻のような余韻。酒の里越路が積み重ねた一瞬一瞬が、ひとくち、またひとくちと、静かにヴェールを脱いでいきます。 そんな日本酒の製造工程での大きなこだわりが、ナント6つ!

酒造好適米「超淡麗」を使用

新潟の気温、気候に適した酒造好適米である超淡麗。新潟県でしか栽培されておらず、しかも生産者を限定した完全契約栽培で作られた原料米です。

米のタンパク質を含む部分を削る原型精米

朝日酒造が新たに開発した「原型精米」という精米方法を採用。これは、酒造りに必要な中心部分の心白を壊すことなく、雑味の原因となる米の外側のタンパク質を多く含む部分だけを65%削ります。表記上は精米歩合35%ですが、原型精米によってタンパク質部分に絞って精米していくので、タンパク質含有量によって従来の精米歩合に換算すると、約0%に相当する精米となります。

奇跡の酵母を使用

日本酒造りに欠かせない「酵母」。この『継』に使用されているのは、偶然発見された5つの変異型酵母です。この自然発生的に変異した酵母を世界初の酵母育種方法によって選抜し、オリジナルの吟醸酵母として使用しています。

上槽の圧力はほぼ無加圧で、より自然のままに、贅沢に

上槽(お酒を搾ること)は、通常のお酒を搾る際にかける圧力の1/5程度しかかけていません。ほぼ無加圧で搾り、最初の「あらばしり」と最後の「責め」の部分は使用しません。一番美味しい部分の「中取り」の部分のみを使用しています。お酒全体の約60%しか瓶詰めしない計算になります。

お酒の仕上げにもこだわる

絞ったお酒は65°まで急加熱し、そのまま瓶詰め。その後手作業で2°の氷水で急冷却します。お酒の温度が30°を超える時間を10分以内に収めることで、鮮度を保っています。魚で言うところの、活締めです。

出荷されるまでの期間でも分析を怠らない

瓶詰めされたお酒は1本ずつ貯蔵されます。その期間6ヶ月以上。さらに、出荷されるまでの間、毎月理化学分析と官能評価が実施されます

名門蔵元が、1本1本細部までこだわり続けた珠玉の日本酒『継』。特別な日や大切な人への贈り物など、さまざまなシーンで大活躍間違いナシです。

【受注生産品】継 TSUGU 純米大吟醸 720ml
販売価格(税別)¥40,000
数量

カテゴリー│ 【久保田・越州・洗心・得月・朝日山】新潟県・朝日酒造 , 全国の地酒 , 厳選地酒紹介 , 商品 , 純米大吟醸,

久保田 千寿 吟醸原酒 秋あがり

久保田 千寿 秋あがり

久保田 千寿 吟醸原酒 秋あがり 720ml

久保田 千寿 吟醸原酒 秋あがり 720ml
販売価格(税別)¥1,450
売り切れ

カテゴリー│ 【久保田・越州・洗心・得月・朝日山】新潟県・朝日酒造 , 全国の地酒 , 厳選地酒紹介 , 吟醸酒 , 商品 , 季節の酒・秋(ひやおろし、他),

久保田 雪峰 山廃純米大吟醸

久保田 雪峰

アウトドアで楽しめる日本酒を目指して・・・

久保田 雪峰 山廃純米大吟醸 500ml

今年もコイツが限定入荷!「アウトドアで楽しめる日本酒」を目指して試行錯誤のなか醸された日本酒は、BBQでの味付けの濃い料理や脂料理にも負けない、しっかりとした酒質に仕上がっています。山廃仕込みがもたらす、絶妙に調和した懐の深い味いが印象的です。個性的で野趣あふれるアウトドア料理にもバランスよくマッチします。冷やすとシャープな酸味とキレのある後味。温めるとまろやかな個性的な香味が目立ちます。季節やお好みに合わせた温度でお楽しみいただけますよ。オールブラック&シャープな佇まいはインスタ映え間違いナシ!

余談ですが・・・

『久保田』のなかの最高峰といえば『久保田 萬寿』です。『萬寿』は純米大吟醸規格ですが、実は「速醸」と「山廃」のブレンドなんです(^O^) 現在の酒作りで主流となっている速醸で仕込んだお酒と、古来伝統的な山廃で仕込んだお酒をブレンドすることにより、あの上品で優雅な味わいに仕上がっています。ただ単にスッキリした純米大吟醸ではなく、穏やかで上品な旨味を持つ飲み口は、山廃仕込みの酒をブレンドすることによって生まれています!その萬寿にブレンドする前の山廃造りのお酒を瓶詰めしたのが、この久保田雪峰です!!さっすが久保田ですヽ(´▽`)/

久保田 雪峰 山廃純米大吟醸 500ml
販売価格(税別)¥3,100
売り切れ

カテゴリー│ 【久保田・越州・洗心・得月・朝日山】新潟県・朝日酒造 , 全国の地酒 , 厳選地酒紹介 , 商品 , 季節の酒・夏 , 純米大吟醸,

久保田 千寿 純米吟醸

久保田 千寿 純米吟醸

新しい『久保田 千寿』をお楽しみください!

久保田 千寿 純米吟醸

久保田 千寿 純米吟醸 1800ml
販売価格(税別) ¥2,800
数量 売り切れ
久保田 千寿 純米吟醸 720ml
販売価格(税別) ¥1,300
数量 売り切れ

カテゴリー│ 【久保田・越州・洗心・得月・朝日山】新潟県・朝日酒造 , 全国の地酒 , 厳選地酒紹介 , 商品 , 純米吟醸酒,

久保田 萬寿 純米大吟醸 自社酵母仕込

久保田 萬寿 自社酵母仕込 イメージ

<入荷しました!!>

プレミアム・スペシャルな久保田 萬寿

久保田 萬寿 純米大吟醸 自社酵母仕込

今年2020年は、朝日酒造創立100周年、そして『久保田』発売から35周年の記念年です。それらを記念して、高級酒の代名詞ともなっている『久保田 萬寿』のスペシャルバージョンが発売されます。

酒米・精米方法・自社酵母の3つにこだわっています。酒米は、蔵人も生産に携わった新潟県長岡市越路地域産の五百万石を100%使用しています。その酒米を、自社によってプログラミングした「原形精米」という特殊な方法で40%まで磨いています。そして使用する酵母は、朝日酒造が長年にわたり培養してきた自社開発のものを使用します。今までにない取り組みです。

重厚的でエレガントな香りと、深くまろやかに味わいが広がっていきます。存在感のある飲み口でありながら、後味は透き通るようなキレを感じます。きっとご満足いただけるテイストに仕上がっていますよ!

久保田 萬寿 純米大吟醸 自社酵母仕込 720ml
販売価格(税別)¥10,000
売り切れ

カテゴリー│ 【久保田・越州・洗心・得月・朝日山】新潟県・朝日酒造 , 全国の地酒 , 厳選地酒紹介 , 商品 , 純米大吟醸,

爽醸 久保田 雪峰 純米大吟醸

爽醸 久保田 雪峰 

アウトドアでも楽しめる日本酒 (^O^)

爽醸 久保田 雪峰 500ml

『久保田』、『越州』醸造元で有名な「朝日酒造」と、アウトドア商品のトップブランドである「snow  peak」とのコラボ商品。「日本に、もっと自然を楽しむ文化を」がコンセプトの、アウトドアで楽しめる酒です。

山の空気のように澄み、川のせせらぎのように清々しく、浜辺のさざ波のように心地良い飲み口。そして、超フルーティな香りこそが最大の特徴です!

高級メロンを肴に一杯、なんてのもアリかも!?ヽ(´▽`)/

数量限定入荷です!!

爽醸 久保田 雪峰 純米大吟醸 500ml
販売価格(税別)¥3,100
売り切れ

カテゴリー│ 【久保田・越州・洗心・得月・朝日山】新潟県・朝日酒造 , 全国の地酒 , 商品 , 季節の酒・春 , 純米大吟醸,

久保田 萬寿 純米大吟醸

010495

カテゴリー│ 【久保田・越州・洗心・得月・朝日山】新潟県・朝日酒造 , 全国の地酒 , 厳選地酒紹介 , 商品 , 純米大吟醸,

久保田 碧寿 純米大吟醸 山廃

010494

カテゴリー│ 【久保田・越州・洗心・得月・朝日山】新潟県・朝日酒造 , 全国の地酒 , 厳選地酒紹介 , 商品 , 純米大吟醸,

久保田 紅寿 純米吟醸

010493

カテゴリー│ 【久保田・越州・洗心・得月・朝日山】新潟県・朝日酒造 , 全国の地酒 , 厳選地酒紹介 , 商品 , 純米吟醸酒,