【鳳凰美田】栃木県・小林酒造

時代は今、この酒!【鳳凰美田】           
栃木県小山市大字卒島743

 
 進化を遂げ続ける栃木の酒、「鳳凰美田・小林酒造」。何年か前には廃業も考えたという本当に小さな蔵元ですが、ここ数年、目を見張る酒質向上とその安定性で全国屈指の呼び声高いトップブランドに躍進しています。
 1872(明治5)年に創業。蔵は日光連山の豊富な伏流水に恵まれ、良質な米の産地である、かつて美田(みた)村と呼ばれた地にあります。酒名はこの地名に由来。蔵の周辺ではいたる所に井戸があり、良質の水が豊富であることを物語っています。
 酒は東京農大を卒業後に国税庁醸造試験場で2年間の研修を経て蔵に戻った5代目・小林正樹専務と、醸造試験場の元講師でもある奥様、名人といわれる県内唯一の秋田流山内杜氏・藤田杜氏、そして精鋭の蔵人が心血注ぎ、丁寧に醸しています。驚くことに全量が吟醸造りです。
 使用する水はカルシウムとマグネシウムを適度に含んだ中硬水と、化学的な処理をせずに生成した軟水を併用。中硬水だけでは発酵が速く進むため、軟水を併用することにより発酵を遅らせ、理想に近い吟醸酒造りを実現しています。
 特筆したいのは低温発酵には欠かすことのできない細かな温度調節が可能なタンク、いわゆるサーマルタンクの多さ。600kg~800kgのサイズ、その数なんと20本以上。他の蔵なら1~2本というのが通常ではないでしょうか。そして、「鳳凰美田」の酒の搾り方は舟絞り、又はしずく絞りのみ。しかも、全てが完全手作業です。
 このように、全てにこだわり抜いて醸される酒は全般に、豊かな香りと旨味を持ち、飲み口優しく、後味のすっきりしたお酒に仕上がっています。最近では吟醸酒ベースの梅酒や、あんず・桃・いちご等を使ったリキュール等、新たにチャレンジしたお酒も大好評を得ています。今宵の一献は、【 今、いちばん輝いている酒「鳳凰美田」】に決まりです!

鳳凰美田 温め酒 燗 生もと仕込 純米吟醸

012774

秋刀魚の塩焼きにお燗で!
鳳凰美田 温め酒 燗 生もと仕込 純米吟醸

香り高くフルーティなお酒として人気の鳳凰美田ですが、この酒は美味しいお燗酒というコンセプトに醸された純米吟醸です。贅沢にも全量山田錦55%精米。
平成24年の秋から試験的に販売された、お燗酒を意識しての【生もと造り】です。
香りはあえて控えめ。お燗をつけたとき、酸味が味わい全体を引き締めます。生もと造り特有の酸味が突出していません。穏やかな酸味であるが故に味わいを引き締めた上、膨らみと幅をもたらしています。
旨味がノッた鳳凰美田ならではのお燗専用酒ですが常温も超ウマいっすヨ。
秋、秋刀魚の塩焼きにカボスが添えられていれば、この酒に決まりっス!

鳳凰美田 温め酒 燗 生もと仕込 純米吟醸 1800ml
販売価格(税別)¥3,400
売り切れ

カテゴリー│ 【鳳凰美田】栃木県・小林酒造 , 全国の地酒 , 厳選地酒紹介 , 商品 , 季節の酒・秋(ひやおろし、他) , 純米吟醸酒,