【新規取扱】井村屋が造る日本酒!?『福和蔵』のお取り扱いスタート!

掲載日:(2021年10月13日)

三重県多気郡に位置する大型商業施設「VISON(ヴィソン)」。その一角にある酒蔵「福和蔵(ふくわぐら)」さんとの新規お取引がスタートしました\(^^)/ 2021年10月現在、日本で一番新しい酒蔵さんではないでしょうか!

最初にお声掛けいただいてから数ヶ月。何度も試飲を重ね、弊社と蔵のお互いの想いと方向性を確認し合った末での、今回の新規お取引スタートとなりました。オール三重にこだわり、三重県産の“五百万石”と“神の穂”を原材料に用い、三重県酵母を使い、松阪市飯高町からミネラルをタップリ含んだ希少な硬水を蔵まで運んで仕込み水として使用しています。通常は冬季のみに行われる酒造りですが、同蔵では完璧なまでの設備と徹底した品質管理のもと、オールシーズン酒造りができます。いわゆる四季醸造です。

万全な設備のなかで醸されるただいまの生産ラインナップは純米吟醸(神の穂)と純米(五百万石)の2酒で、それぞれの生酒ver.と火入れver.がありますので、合計4酒となります。全て試飲しましたが、どれも本当にレベルが高い!!KOBAではフルラインナップにて皆様へご案内致します。同じお酒でも、生酒ver.と火入れver.で全然違うお酒!?かと思っちゃうくらい、それぞれの良さがあっておいしいですよ。生産量もまだまだ少なく、蔵元直営店舗と県内数軒の特約店のみでの販売です。ぜひご賞味ください(^O^)